ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

他人に自分の人生を乗せるな


サッカー界だけでなく、さまざまなところで話題になっているワードですね。

わりとサッカーに近しいところにいる人間なのですが
別に、サポーターって、サッカーに、クラブに、自分の人生を乗せているわけではないと思うんですよね。
もちろん、そういう方もいらっしゃるかもしれませんが。
そして、「他人に自分の人生を乗せてますが?」と言い、煽りに乗るサポーターもいるのが事実ですが。

個人的な意見としては、ですが、サポーターって、
「人生を乗せる」というよりも
応援するクラブがあって、そのクラブの勝利を願ったり、
想いを声に、チャントに託したり、
スタジアムの一体感がすきだったり、
だれだって持っているであろう「応援したい」「支えたい」の気持ちの対象が
サッカーだった、そのクラブだった、そこに生き甲斐をみつけた、そんな感じなのだと思っています。


サッカーのスタジアム、そして応援って少し特殊で
たまに、ものすごい一体感がうまれて、その声援や一体感がチームの流れを変えることがあるんです。
選手になったことがないので、その声援に奮いたたせられるのかはどうかはわかりませんが、
少なくとも、スタジアムの雰囲気が、その試合の流れを変化させる。それは、見ている側からでも伝わってきます。

いつかの高校野球、たしか去年の夏の甲子園だったような気がしますが、その試合でも最初一部分で始まった応援が徐々にアルプススタンド全体に広まり、結果として逆転を生んだあの試合。
サッカーではしばしば見られる光景で、その試合に立ち会うと、正直鳥肌が立ちますし、ぐっと込み上げるものがあるのです。
そのような試合に立ち会うと、いままでおとなしく、じっくりと観戦する派だった方が、「あの場所に行きたい」「想いを声に託したい」と、
いわゆる「ゴール裏」に席を移すようになるのも、何度も、何人も見てきました。

あれは、体感しないとわからない。
とくにサッカーに興味がなくても、サッカーってすごい、声援ってすごい、応援するって、たのしい。
そんな簡素なことばではつたえられない、上手く言えないけれど、すごい。震える。


スポーツをテレビ、あるいはネット中継で見るだけではわからないかもしれないですね。
中継は切り取られたものが映し出されたものであって、試合ではないので。
そのまま流しているだけではない、放送側の意図が含まれた、切り取られたもの。

たのしいのにな、スポーツ観戦。
自分の目で見て、おもって、体感して。

ただ、あんな冷たいことばで、ひとを蔑むようなことばを使う方には来て欲しくないなっておもう自分もいて。
頑張る選手を、スタッフを、ファン・サポーターをバカにされるのは非常に腹立たしいです。



[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-30 23:09 | いろどり豊かな日々を