ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

リング

最近、指輪をしなくなった。

とても気に入っている繊細な、ローズゴールドのリングは、かれこれもう3年か、4年くらい前に自分で買ったもの。
お手頃だったのに安っぽくなくて、色落ちもせず、傷つきもせず
とても気に入っていた指輪を、最近はしなくなってしまった。

ファッションとして、指先がきらっとしているのはきれいだし
(ネイルをしないので、余計に指輪はだいじだった)
所作が美しくなる気がして、好んで愛用していたけれど
なんだろう。
買った時の自分の状態が良くなかったのもあってなのか、どうもいいことがない。


先日、親とあそびに出かけたときに、たまたま入ったアクセサリー屋さんがとてもうつくしくて。
丁寧につくられたオーダーメイドの婚約指輪・結婚指輪は、派手じゃないのに、石だってついていないのに、
繊細な輝きを放って、とても神々しく見えた。美しかった。

贈りあう指輪、という感じがした。


もう、自分で指先を彩るアクセサリーを買うのはやめよう。
いまのわたしには、必要のないものだ。

決して「プレゼントしてほしい」わけではない。

ただ、確実に他の「贈られた指輪」をつけている女性と比べてしまうし
じゃらじゃら指輪をするタイプの女性でもないし
最近気づいたのは、おしゃれリングが似合うタイプの手ではないということ。

はい、かわいめ小さなお子ちゃまおててです。

[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-07 21:10 | かわいい女性になりましょう