ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

バーチャルと現実のリンク


高校時代から、たのしそうなものはみんなでやってみよう!精神だったため
まあ、いろんなものにみんなでハマった。

おたくっぽい!きも!!と否定するなんて一切なく
みんなでアニソンを歌い、ダンスを踊り、深夜までアニメを見続けた。


そんな22歳までを過ごしたので
恋愛シミュレーションゲームに関しても、一切否定的な感情はない。
たまにする。


むしろ、恋愛シミュレーションゲーム(毎度この長い単語打つのめんどくさいな)をしていると
なぜか、彼氏ができたり、いい雰囲気のひとができたり、現実の恋愛偏差値が上がる。
で、ゲームがおろそかになる。

反対に、現実の恋愛で痛い目をみたり、
もーいいやっ!となって、またしばらくして恋愛シミュレーションゲームの世界に帰って来ると
以前よりもずっとHAPPY ENDを迎えられることが多くなって、
自分の恋愛偏差値がわずかでも上がっていることを実感する。

今の彼と知り合う前(10個くらい同時進行していた)にはまっていた時も、ほぼパーフェクトに進められていた。


そんな恋愛シミュレーションゲームをはじめると現実の恋愛がいきいきする、というなぞのサイクルがあるため
今回、はじめて自らそのサイクルにつっこんでみることにした。

要は

今日から恋愛シミュレーションゲームを再開しまーーーす!!


花金だもの、うきうきしないと。どきどきしないと。


(お金もともだちもいないくて飲みにいくという選択ができなかっただけ)

(とは思いたくない。思わない。)


きっと枯れた心が伝わっているのでしょう。
だれもこのく●あつい真夏にからっからの砂漠になんて、いきたくないものね。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-18 20:29 | いろどり豊かな日々を