ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

だれかのために

最近のタイトル、曲のタイトルになっていることが多いな・・・
これは、 AKBのTeamAかな。
わたしは断然旧K推しなので、TeamAとBはあまりわからない。。

ひとを支えられるしごとがすき、とずっと言い続けているけれど
あらためて、実感するこの頃。

だれかのために生きることで、自分の居場所を見つけられる気がして。
それに
わたしが支えることで、そのひとがすこしでも便利に、過ごしやすく、快適にになることがとても気持ちがよくって、
充実感を得られる。


あと、基本的には性善説を信じているので
先輩は絶対だし、自分よりもずっと知識豊富で、敬うべき存在で、という気持ちがある。

その人がまちがっていることなんてあり得ないし、疑っちゃいけない、指摘してはいけない、
だったらそれをそっとフォローできればいいな、と思っているのだけれど・・・
それって、普段からのコミュニケーションがあってこそ成り立つのだと、ようやく学んだ。


じゃあどうするか。


今の会社でも、周りの人はぜんぜんしていないけれど、コミュニケーションをとりまくる?
雑学&雑談クイーンとその名を轟かせ、
取引先の営業さんともすぐに仲良くなった経験を生かす??

たぶんそれも、会社自体がアットホームで、
「じぶんらしさ」を出すことをよしとされるという風潮だったからこそ為し得たのかな・・・

今の形式ばった会社で、周りに逆らうことが、わたしにできるのだろうか。
ましてや、わたしはいまはその会社の正社員じゃない。
それがものすごく負い目になっている、どうどうとできない理由の一つ。


この生き方を選んだのは自分だし
1ヶ月と決めて就活をしたのも自分。
その中で採用されたのがこの会社だけだった、という実力なのも事実。

必要とされたい、なんておこがましいのかな。。。


会社じゃなくたっていい。
プライベートでもいい。

さくらが必要だよ、って
いてくれるだけでいいんだよ、って。あたたかく、包まれたい。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-29 21:48 | ひとの弱さはひとのやさしさ