人気ブログランキング |

ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

とりわけ、恋愛面においては。
ほかのひとより「はじめて」が、とても遅い。

だれからも「すき」と言ってもらえなかった
恋人にしたい、とおもってもらえなかった
なかよし3人組で、ひとり女の子として見てもらえなかった
そんな過去にとらわれて、
恋愛に対する恐怖感や、自信のなさが、人一倍強い。


もし、中学一年生の時
親友のすきなひとだから、って、告白してくれようとしたのに
あの場から、逃げてしまわなかったら?

きっと、いまのわたしにはなっていなかっただろう。
もっと恋愛上手で、甘え上手で、
もう、結婚して、こどももいたかもしれない。

「好かれたい」と思って行動しているだろうし
「嫌われたくない」という思いでは行動していないだろう。
この二つは似ているようで、全く違う。


「わたしをすきになってくれたひとが、親友のすきなひとだった」

それの、なにがいけないんだろう。なんで遠慮したんだろう。

わたしだって、すきだった。
わたしのほうが、彼となかよしだった。

親友の方が先に彼のことをすきだ、と周囲に公言していて、
みんな、その子が彼のことをすきなことを知っていたから?
わたしが彼と一緒にいることで、
その子たちと一緒にいられなくなるから?

その2年後、中学卒業とともに会うことがなくなり、
10年以上経っても会わない、連絡もとらないような友情なら
すきだといってくれた男の子に寄り添えばよかった。
親友のすきなひとだから、って、遠慮しなければよかった。


女の友情ほど脆いものはない。

彼、いまはどこでなにをしているんだろう。

by bluebasesakurairo | 2017-07-15 23:56 | しなやかに、したたかに

上半期に買って良かったもの!

形には残らないけれど、さまざまな交流会への参加にお金を使った上半期でした。
結果として、すきな世界にすこしだけ、近づくことができたから。
出会うことのないひとと出会うことができて、つながりをつくることができたから。

いまはまだ、お金をいただける形にはできていないし
お金をいただけるようになるためには成長しないといけないし
もっと自信を持たないといけないし、
積極的にならないといけない。

あと、外見も磨く必要がある。きっと。


その、外見を磨く、という意味では
ずっと受けたかった「パーソナルカラー診断」を受けたことは大きな一歩。

これからのお洋服選びに困らないし
いままでのセルフジャッジはそれなりに当たっていたことに自信をつけられたし
きっと、無駄遣いが減る。
(これ、だいじ。いまの20代事務職女性の賃金の低さよ。)

最初にお金がかかっても
それがトータルとしてプラスになるのであれば、それは、買って良かったもの。

ま、安く手に入れて、長く使えるものが理想ですよね、本音としては。


お洋服に関しては、ほぼノーミスで来ている2017年上半期。
今年買ったけど着てないなってお洋服は、最近買ったサンダルだけ。

明日履く。


by bluebasesakurairo | 2017-07-15 21:57 | かわいい女性になりましょう

だな、と、
休日の朝、優雅にネットサーフィンをしていて思いました。
(優雅な、といってもソファーで扇風機を独占しているだけ)
(お寝坊できて、会社に行かなくていいって最高)
きっかけは眞鍋かをりさんのブログ。漂う文章のうまさ。すき。

男性も、女性も。
賢くて、かわいくて、あと、きもちのよいひとがすきです。
あ、3Kですね。

賢い、っていうのはお勉強ができる、とかよりも
トップダウンで物事を考えられたり、っていう「ひととしての賢さ」で
これは、小さい時からそういう風に育てられてきた環境のせい。
できるだけ、自分もこの3Kでいたいなって、思ってます。
求めるだけの女性はかっこわるいし、かわいくないので。

おとなになって、仕事をするようになって、
その3Kは確固たるものになった気がします。

わたしはスポーツ、とりわけチームスポーツがすきなのですが
歴代、すきになった選手の共通点は「賢さ」です。
もうすぐ、生涯で一番すきになった選手を最後にみてから1ヶ月…はやい………
その選手は、賢くて、かわいくて、きもちのよい選手です。
誰からも愛されていて、たぶん、その選手をきらいなファンっていない。はず。

と、あっつくあっつく語るので
「だから目が肥えて彼氏できないんですよ」
って言われました。後輩に。

ぐうの音も出ない。全くその通り。
干からびそうなのは、暑さのせいだけじゃないようです。

by bluebasesakurairo | 2017-07-15 13:25 | かわいい女性になりましょう