人気ブログランキング |

ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

高校時代、いちばん長い時間をすごしたチームメイトたちが
立て続けに結婚していきました。

わたしは高校卒業後、すぐに地元を離れてしまったし
チームメイトはみな異性なので、卒業後、連絡をとることもなかった。
親の方がずっとチームメイトのお母様と仲が良くって、
連絡を取りあい続けていた。

今回の吉報たちも、すべて、親から聞いたこと。


高校時代も彼らに彼女がいたのは知っていたし
カップルで一緒にいる場面も、何度も見てきた。

だけど、「夫婦」や「結婚式」という、
この先の将来、ずっといっしょに添い遂げようとお互い想い合っている二人
の姿は全く見たことがなくて、
しあわせそうだな、おめでたいな、幸せになってほしいな
という前向きなHAPPYな気持ちに加えて、やはり、マイナスな自分がでてきてしまって
そっと✖️ボタンをクリックし、開かれたタブを閉じてしまいました。


彼らが本当にいい子で、格好良くってやさしくって、チャーミングで男らしいことを知っているから
引く手数多なのは良くわかる。
わたしの自慢のチームメイトたちだもの。

可愛い奥様に恵まれて、幸せな、愛情いっぱいの道をあゆんでいるのは
何一つ、不思議なことなんかじゃない。
むしろ、こんなすてきな男性を旦那様にお迎えできたことを幸せに思って、って思うくらい。

だいぶ上から目線になっちゃうけど。


みんなこんなにしあわせになっているのに
どこで、わたしは歩く道をまちがえてしまったのだろう。
こんな風に思いあえたことが一度もなくって
28年なかったのだから、今後あるのだろうかと、不安でいっぱいになる。


結局は、自己嫌悪だけがのこるのです。

こんなんだからだめんなんだろうけど。


今年出会った男性には、ことごとくポイ捨てされているので
めっぽう自信がなくなっているのもあります。

自分を磨くって、なんなんだろう。



by bluebasesakurairo | 2017-11-04 20:38 | ひとの弱さはひとのやさしさ

金曜日


少しお久しぶりです。

自覚はしている。
とくに男性にはわかるのだそう。

わたしの笑顔の中には、さびしさがにじみ出ている

ということ。
女性は、ほんとうに落ち込んでいるときは気づいてくれるけれど
ふつうの会話というオブラートに包むと、全く気づかない。


これまで、とくに年上の男性からは幾度となく言われてきて
それまでは全く自覚はなかったけれど
最近は鏡を見たときに、ほんとうだ、とよく思う。


そして、そう言ってくれる男性は総じて

その儚さのような、脆さの見える笑顔、本当に魅力的ですてき。
だけど、その儚さや切なさ、さびしさ、脆さに付け入る男性は絶対にいるから。

と注意してくださる。
ほんとうにありがたくってその注意はすごく深く自分の胸に刻まれている。

そして、その寂しさに付け入ろうとするひとのほうがずっと多い、ってことがわかった。

じゃあなんで、傷つく前に気づかないのかっていうと
根本に根深い寂しさを孕んでしまっているからなんだろうな、と思う。


はやく寂しさから脱却したいのに
また、たぶん弄ばれて終わりな気がしてならない、新たな出会いでした。

強くなりたい。


うそ、
可愛い女性になりたいです。


by bluebasesakurairo | 2017-10-13 00:36 | ひとの弱さはひとのやさしさ


4000円くらいだけど、シルバーリングを買いました。
白みがつよめの、とても華奢なシルバーリングは、正直とてもわたしに似合って
わたしのためのリングだ、と本気で思った。

だけど、その4000円すら、いまのわたしには出すのがためらわれて
どうしよう、どうしよう、って1時間以上悩んだ。
一度は、買わずに帰って、また欲しかったら買いに来ればいい、と店を立ち去った。

正確にいうと、立ち去ろうとした。

立ち去ろうとしたとき、ふと
「諦めることに慣れたんじゃない?」
と、もうひとりのわたしが顔を出し、話しかけてきた。


思い返せば、ずっと、諦めてきた。


中学一年生の時、親友の好きな人だから、と
わたしを好きでいてくれた人の気持ちを無下にした。
ほんとうは、わたしもその人のことが好きだった。

受験勉強があるから
就職活動があるから
きっと、営業さんで仕事が忙しいから
後輩もできる年齢だし、仕方ないよね
土日休みじゃないもん、仕方ないよね

いろいろ言い訳をして、自分のほんとの気持ちに蓋をして、ときにはおさえつけて、
たくさんのことを、ひとを、思いを、諦めてきた。


だから、今回は連れて帰ってきてあげた。

すこしだけサイズは大きいけれど、とってもかわいいです。
自画自賛になるけれど、とってもよく似合っています。


こうやって、身の回りからでもいい、
すこしずつ、自分に自信をもたせてあげよう。もう、卑屈になっちゃだめだ。



by bluebasesakurairo | 2017-10-07 22:28 | ひとの弱さはひとのやさしさ

13時間の拘束


仕事が忙しい。
月末だから仕方がないのだけれど、
13時間も会社にいると、夕方頃には今日が何曜日なのか、わからなくなってくる。

したいことは山ほどあって
待たせているわけではないけれど
納期ぎりぎりよりもはやく納めたいタイプなので、その葛藤が、すごくいや。

あと、寝ても寝ても寝たりない。

あと、残業がおおいと、お財布のひももゆるくなりがち。

これは、自制心が足りないのもあるし
仕事以外の要素(すこしでも外見に気を遣いたい、とか)(もうあんな残念な思いをしたくない、とか)もたくさんある。
いま、かわりたい願望がすごくあるからなんだろうなあ。

このままでは、いつまでたっても同じ自分(とくに人間関係の面)だろうなって。
それが、たまらなくこわくて、不安で、黒い真綿でしずかーーーに首を締められているような、そんな気分にさせられる。


服が変わるからといって、内面がすぐに変わるとは思っていないし
それって、他力本願。
ただ服を買う言い訳、正当化に過ぎない。

だから、服を買ったから変わらなきゃ、変わろう、じゃあどうする??どうなりたい??
いつまでに??
それをひたすら自問自答し、休日はあまりお家にはいないようにしています。


変われ、わたし。

いままでの悪運や、失恋や、悪縁を一気に払拭するくらい、ピカピカに。


by bluebasesakurairo | 2017-09-27 23:18 | ひとの弱さはひとのやさしさ

お別れの意味


先述の記事の通り、ほんの少しずつ前向きになってきました。

ほんとにこの数週間悩んだり悲しいことしかなくて
すごくすごくへこんでいたのだけれど
(だからブログも書くことができなかった)
先輩方のおかげで、復活の兆しが見えてきた。気がしています。


生きていく上で、別れなんてできればない方がいいし
ずっとみんなとなかよしで、なかよしのひとがどんどん増えていく。
それが理想的なのかもしれない。

しかし実際のところそんなことはなくって
タイミングとか、意図的とか、偶然とか、喧嘩とか、様々な理由でお別れしてしまうことはきっとあって
じゃあ、その別れをどう糧にするか、なのかなーって思います。


お別れは悲しいけれど、
その人以上にうんとすきになれる人に出会うためのお別れなのかもしれないし
もっともっとしあわせになれる人に出会うためのお別れなのかもしれないし
いつまでも、別れてしまったこと、会えなくなってしまったことにこだわって、とらわれてちゃいけないんだよね。たぶん。


まあ、まだ完全にはふっきれてはいないのですが。

すこしずつ傷は癒えつつ、あります。


祖母にも、せめて花嫁姿はみたい、っていわれたし
がんばれ、わたし。

by bluebasesakurairo | 2017-09-19 00:03 | ひとの弱さはひとのやさしさ

七転び八起き

まだ、八回目の起き上がりができていません。

いろいろありますね。
そりゃ長く生きれば生きるだけ、しんどいことやつらいこと、様々な別れがあるでしょう。
そのぶんタフにもなれるだろうし、その別れるということにも、だんだんと慣れて、またか、って思えるようになるのかもしれない。

だから、起き上がらなきゃいけなくて
起き上がらない時間ってすごくもったいなくて
もう、えいやってしなきゃいけないのはわかってるんだけど
むずかしいことってたくさんありますね。


しんどいときや、つらいときはそれを跳ね除けるくらい元気にしてなくっちゃ
もっともっと、しんどさやつらさを引き寄せちゃう。
がんばれわたし。


どう生きたいか、考えて転職したつもりだったけれど
甘かったのかな。

未来なんてだれにも見えないんだから、仕方ないよね。
そうやって、自分を慰めるしか、できない。
じゃなきゃ、もっと自分を追い詰めてしまって生きていられなくなる。

ほんとうにしたいこと。

すきなひとと、いっしょに生きたい。

すきなひとと結婚して
そのひとのためにごはんを作ったり、家事をしたり、
しあわせだなあって思える家庭をつくりたい。


そのためには、どうすればいいんだろう。。

by bluebasesakurairo | 2017-09-10 22:02 | ひとの弱さはひとのやさしさ


よいように取れば、まっすぐで健気。

でも言い換えれば、周りが見えない、あきらめの悪さ。


「時間が取れそうな日は」

なんて、常套句じゃない。

そんなこと、わかってるはずなのに、
ほんの1%でもいい。

それを信じたいって思ってしまうあたり、もうそれなりにすきなんだろうな。


すきになるまでの波が、いきなり押し寄せるときもあれば
だんだんと、触れるうちにすきになることもある。

そしてたいてい、
すきにならないでおこう、っておもったひとこそ、すきになる。うんと。


社会人になって、さいしょにすきになりそうになって、
だけど傷つく勇気がなくって自らフェードアウトしたひとも

いますきなひとも

おなじ名前。
おなじ年齢。


あのときとはおなじになんてならない、と思った瞬間に
その道を辿り始めたのかな。





by bluebasesakurairo | 2017-09-06 21:30 | ひとの弱さはひとのやさしさ

35億

なぜ、毎日こんなにも泣きそうなのか考えてみた。

ひとりだからだ、とおもった。

ひとりはさびしい。


ここ数日、ほんとうに体の調子が優れなくて
だけどやらなくちゃいけないことはたくさんあって

そのやらなきゃいけないことをしても、
あ、その程度なんだ、という反応しか得られなくて

反応を期待しているわけではないけれど
してもらえて当たり前、のような反応は、は余計に居場所をなくした気分になる。


だからひとりでいたくない。

頑張ったねって言ってほしいわけじゃなく
ただ、もたれかかれる肩がちかくにあって
触れられるところに手があって
あたたかみ、ひとのぬくもりに触れたいだけなのに。

ただでさえ、機械のように扱われるからこそ
プライベートでは、人間らしくいたいだけなのに。


そんなちいさな希望さえ叶えられないことが、すごくかなしい。さびしい。くやしい。


どうして、世の中にはこんなにもたくさんのひとがいるのに
わたしの隣には誰もいないんだろう。

おいしいねっていっしょにごはんをたべて
他愛ないおしゃべりをして
こんな時間なのに、お酒飲みながらおつまみたべちゃったね、ってわらって
もー秋なんだからお腹出して寝たら風邪ひいちゃうよってへらへらして

そんなに叶えるのがむずかしい願いなのだろうか。


今週は、久々彼に会えるかもしれない。
約束はしていないけれど、会えそうな日あれば、って言ってくれたし。

社交辞令じゃないって、信じたい。


それを小さな励みに、もうすこしだけ、期待を抱いて眠ろう。

by bluebasesakurairo | 2017-09-04 23:35 | ひとの弱さはひとのやさしさ

へとへとで帰宅しました。

なんで先輩なのにこんなこと聞いてくるんだろう
と思うことも今日も多くて
というか、ほんとうにしたたかな人、あわよくば他人に自分の仕事任せちゃえ、って人がすごく多いことに気づいて

あ、それはわたしが相手(自分)に対して強く言えないってわかっているからなんだなーとおもったら
それはそれは腹が立ってきて
あーーーばかにされてるーーーー、下に見られてるーーーー、と逆に冷静にその人を見ることができました。


世の中にはずるいひと、要領のいいひと、自分だけ楽できたらいいやって思う人がこんなにも多いだなんて
がっかりしたというか、せつなくなったというか
いままで出会ってきた人がいかにまじめで、おもいやりがあって、努力家ばかりだっただけなのだと、実感しました。


もちろん要領の良さってだいじなんだろうけれど
自分の仕事に責任を持たないってどうなの

ごめんなさいね、すぐ修正しますね、って、なんで言えないんだろう。


いまどきの若い人は、とか、これだからゆとり世代は、って散々言われてきたけれど
そんな、自分の仕事をなすりつけるなんてことはしない。
会社で不機嫌にならない。
じぶんの要件を伝え終えて満足したら、相手からの返事を待たずしてパソコンの電源を落として退社するなんて失礼極まりないことはしない。

あと、お手洗いもちゃんと清潔に、きれいにつかう。


悪口ばっかりじゃだめだってわかってはいるけれど
今日は失望に似た苛立ちでいっぱいなので、吐き出させてください。

つらかった。



by bluebasesakurairo | 2017-08-30 22:50 | ひとの弱さはひとのやさしさ

だれかのために

最近のタイトル、曲のタイトルになっていることが多いな・・・
これは、 AKBのTeamAかな。
わたしは断然旧K推しなので、TeamAとBはあまりわからない。。

ひとを支えられるしごとがすき、とずっと言い続けているけれど
あらためて、実感するこの頃。

だれかのために生きることで、自分の居場所を見つけられる気がして。
それに
わたしが支えることで、そのひとがすこしでも便利に、過ごしやすく、快適にになることがとても気持ちがよくって、
充実感を得られる。


あと、基本的には性善説を信じているので
先輩は絶対だし、自分よりもずっと知識豊富で、敬うべき存在で、という気持ちがある。

その人がまちがっていることなんてあり得ないし、疑っちゃいけない、指摘してはいけない、
だったらそれをそっとフォローできればいいな、と思っているのだけれど・・・
それって、普段からのコミュニケーションがあってこそ成り立つのだと、ようやく学んだ。


じゃあどうするか。


今の会社でも、周りの人はぜんぜんしていないけれど、コミュニケーションをとりまくる?
雑学&雑談クイーンとその名を轟かせ、
取引先の営業さんともすぐに仲良くなった経験を生かす??

たぶんそれも、会社自体がアットホームで、
「じぶんらしさ」を出すことをよしとされるという風潮だったからこそ為し得たのかな・・・

今の形式ばった会社で、周りに逆らうことが、わたしにできるのだろうか。
ましてや、わたしはいまはその会社の正社員じゃない。
それがものすごく負い目になっている、どうどうとできない理由の一つ。


この生き方を選んだのは自分だし
1ヶ月と決めて就活をしたのも自分。
その中で採用されたのがこの会社だけだった、という実力なのも事実。

必要とされたい、なんておこがましいのかな。。。


会社じゃなくたっていい。
プライベートでもいい。

さくらが必要だよ、って
いてくれるだけでいいんだよ、って。あたたかく、包まれたい。


by bluebasesakurairo | 2017-08-29 21:48 | ひとの弱さはひとのやさしさ