人気ブログランキング |

ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

さて。
ちゃんと23時30分にメッセージを送れるように
すでに入浴を済ませました。

寝る前にすることでできていないことは
歯磨きくらい。

用意周到すぎか。

書き出しをどんな言葉にするのかも何パターンも考え
もうジャブなしの即入電でもいいかなと思って見たものの
何コールで切るかとかを考えたらどうも行き詰まってしまったので
まずはメッセージを送ることにした。

気ぃ遣いすぎか。


それいけGO!もできるけれど
基本は、最終的にどうしたいかを考えて行動に移すトップダウン派なわたし。
だから用意周到で、余計に臆病になりがち。

頭の中では、一日中会話をしていた気分。

実際は
業務時間内を含めても、今日の総会話時間数は1時間未満。

極端すぎか。


by bluebasesakurairo | 2017-07-26 23:08 | しなやかに、したたかに

今日はやめた。
きっとタイミングがちがう。

甘えさせて、って言ったら
彼は、じゃあ今から来たらいい、って言う人。

今日は行くことができない。
明日、行くことができるのならまだ良いけれど
明日も行くことができない。


そう、体調的に。
行く、イコールそういうこと、だから。

だから、今日は言うべきじゃない。


そういうところも小賢しいんだよなー。
計算高いというか、素直じゃない。

気持ちの赴くままに、
会いたい寂しい甘えたいということができれば
どんなにラクなのだろう。


恋人ではないのだから
別に嫌われてもいいやー、になったらいいのにね。
恋人になりたいか、と聞かれても即答できないしね。

しかも。
できないから会いたいと言わない、という時点でお察し。今の関係を否定していないということ。
恋人でもいいし、ちがっていてもいい、単に彼を失いたくないということ。

ずるいな。
そしてなんて動物的。


こんな自分になるなんて、思ってなかった。

すべてが、タイミング。

by bluebasesakurairo | 2017-07-25 23:52 | しなやかに、したたかに

やればできる子

って思いたいだけ。
今日も、うわ〜〜〜〜やっぱ今の仕事ぜんぜん向いてな〜〜〜〜〜〜〜〜い、と思いながら終業時間を迎えた。
いつになればたのしくなるんだろうか。いや、ない。

たぶん、向いてる向いてないって、自分をまもりたいだけなんだろうね。
できない自分から目を背けたいだけ。

だけど、断言できる。
やっぱりほんとうに今の仕事は向いていない、と。


なに今日、反語に倒置法、じゃあ最後は比喩??


会話の中で折衝をして、ちょうどいいところをみつけて、落ち着かせるのが得意。
こういうの好きだろうな、役に立つだろうな、喜んでもらえるだろうな、って気を配るのが得意。

見た目通りのやさしい気を遣える女性ですよ。


だいぶ周りの目を気にする、
いわゆる気にしい、別名八方美人ともいえますが。

by bluebasesakurairo | 2017-07-21 00:14 | しなやかに、したたかに

連休の話、しごとの話

転職して、ようやく一般的なカレンダー通りに働けるようになったわたし。
3連休。
年末年始+世間の方が働いているときに1、2回あるかないかという環境にいたものだから
転職して数ヶ月経つけれど、とてもありがたく、あ〜〜〜うれし〜〜〜〜!と思って過ごしています。

(White企業勤めの親、親戚一同のため、その考えありえないから!普通だから!とよく言われる)
(どこも混んでいるからきっとこれが普通、というか一般的、大多数なのであろう)

たいせつな人に会って、元気をいただけたり
いままで行けていたけれど、転職して行けなくなった場所に行ったり
うん、3連休満喫した!


ただ、この3連休で、次働くための活力を得たか
うんと休んだから頑張って働こう!という気持ちになるか、というと
得ていないし、ならない。まったく。

そもそも、働きたくない。

ちがう。
働きたくないわけじゃない。ニートとしてぷらぷらしたいわけじゃない。
ただ生きるためだけに会社に行くことが、つらい。
だれかのために働きたい。

先述のとおり、まあいわゆるブラック企業勤め(というか多分上司)が原因となりこころと身体を壊し
もうこのままわたしの人生を終わらせたくない、とおもって退職したけれど
おしごと自体は楽しかった。向いていた。考えて、行動できた。やりがいもあった。

(ただしおやすみとお給与は多くなかった)

何にウェートをおくか、なのだろう。働く、って。
休みの多さ?お給与?やりがい?すきな業界?

わたしはすきなひとのために働きたい。
結婚して、家をきれいにして、帰ってきたいと思えるお家をつくってご飯を作って
しあわせ〜〜〜!って思ってもらえる家庭をつくりたい。そのために尽力したい。


どんなに望んでも手の届かないむずかしいこと、なのかな、、、これって。


by bluebasesakurairo | 2017-07-17 23:18 | しなやかに、したたかに

とりわけ、恋愛面においては。
ほかのひとより「はじめて」が、とても遅い。

だれからも「すき」と言ってもらえなかった
恋人にしたい、とおもってもらえなかった
なかよし3人組で、ひとり女の子として見てもらえなかった
そんな過去にとらわれて、
恋愛に対する恐怖感や、自信のなさが、人一倍強い。


もし、中学一年生の時
親友のすきなひとだから、って、告白してくれようとしたのに
あの場から、逃げてしまわなかったら?

きっと、いまのわたしにはなっていなかっただろう。
もっと恋愛上手で、甘え上手で、
もう、結婚して、こどももいたかもしれない。

「好かれたい」と思って行動しているだろうし
「嫌われたくない」という思いでは行動していないだろう。
この二つは似ているようで、全く違う。


「わたしをすきになってくれたひとが、親友のすきなひとだった」

それの、なにがいけないんだろう。なんで遠慮したんだろう。

わたしだって、すきだった。
わたしのほうが、彼となかよしだった。

親友の方が先に彼のことをすきだ、と周囲に公言していて、
みんな、その子が彼のことをすきなことを知っていたから?
わたしが彼と一緒にいることで、
その子たちと一緒にいられなくなるから?

その2年後、中学卒業とともに会うことがなくなり、
10年以上経っても会わない、連絡もとらないような友情なら
すきだといってくれた男の子に寄り添えばよかった。
親友のすきなひとだから、って、遠慮しなければよかった。


女の友情ほど脆いものはない。

彼、いまはどこでなにをしているんだろう。

by bluebasesakurairo | 2017-07-15 23:56 | しなやかに、したたかに