ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

「かわいい女性になる」

口だけだったのだと、とても反省した数日でした。

実際、ひとつも行動できてなかった。


社会人になってからずっと、たくましく生きる事しか考えていなくて
貯金しなきゃとか
まじめでなければいけないとか
堅実で、おりこうで、いい子でいることが社会人としての正解だと思っていた。

その結果
「いま楽しんで生きてる?」
と聞かれても、
「YES」
と自信を持って言えなかったし、そもそも「自信を持つ」ってことができていなかった。


先日、旧友から久々の連絡があり、近日中に飲み行くことになりました。


たまたま、久々FBにログインしたらわたしの変化を知ってくれてのことだったみたいで
すぐに会うっていうのに、いろいろなことをLINEで話して盛り上がっている。

その中で、その子の勤める会社のひとはキラキラしていて、美人さんが多くてすてき、と話していたら
「人に会う仕事をしているから外見に気をつかうし、
 みんな自分に自信を持っているからかな。
 外見だけじゃなく、していることにも、自信を持っている」
と教えてくれた。

べつに気にしなければよかったのに、前職の職場がいわゆる
「女性らしい」
「かわいらしい」
「ゆるふわ」
のような、とくに女性社員が女性性を嫌う傾向にあった。

そんな服装が得意な私は、そのような服を着るたびに
「まーたそんな女性らしいかわいい格好して」
と言われ、
浮くことを避けた結果、似合わないアースカラーの地味なお洋服ばかりになった。
それが似合っているとすら思うようになった。


しかし今、改めて思う。

わたしは、女性であることを楽しんだことがあった?
義務感ではなく、自分が楽しむために生きたことがあった?

きっと、答えはNO。


自信のない女性と、自信を持った女性、どちらがステキ?

ひとを羨やましがってばかりの女性と
着たい服を着て、毎日楽しそうにしている女性、どちらがステキ?


前職は、はまりかけて苦しんだので
現職は、はまらないうちに抜け出します。

そのために、毎日をたのしむ。
女性であることを、たのしむ。

23日はお掃除DAYにしよう。デトックス。



[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-11-19 20:55 | かわいい女性になりましょう

お洋服が心の支え

お洋服がすき。

「似合う」ということにとても興味があるし
おしゃれがすき、というより
いかに「すき」と「似合う」と「なりたい」のハイブリッドを実現させるかに興味がある。

「かわいく」「品よく」「凜とした」

一年前のドラマになるけれど、
逃げ恥のゆりちゃんのお洋服は、最終のなりたい格好だなあっておもっている。


外見だけじゃなく、中身も伴わないと。


やっぱり傷つくことのほうがおおい毎日で
だからあまり文章にあらわせなくて
書きたい気持ちと、書けない現実が交錯していて、まさにハイブリッドでした。

月末は書こう。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-10-20 23:20 | かわいい女性になりましょう


カテゴリがこれであっているのかわからないけれど、
反面教師にしないと、という戒めも込めて。


もうアラサーなのに
顔も見たことがないのに
他県の女性の先輩にかなりいびられる、というか、ものすごく嫌われていて
会社で泣きそうになる毎日です。


その先輩に対して失礼なことを言ったり
とりわけ大きな迷惑はかけていないとおもうし
なんだかわからない理由で嫌われています。

電話越しの、明らかに嫌そうな声
ため息
舌打ち
あらぬ疑いをかけられる
ブチ切り

なぜそこまでされなければいけないのかもわからないし
「負けない」とおもいながら働かなきゃいけないことにも、正直、疲れました。


トレーナーも、「自分にはそんなことないからわからない」「ほんとに?」という感じで
「ああ、自分が仕事できないのが悪いんだな」「出来損ないのトロい私が全て悪い」
とおもい、納得させるようにしているのだけれど

そこまでして働く意味ってある?とか思ってしまって
苦しさで押しつぶされそうになりながら、22時過ぎまで働く毎日。
もう、ボロボロです。


何を基準にした「働き方改革」なのでしょう。

何を基準にした、誰をターゲットにした「景気が良くなっている」なのでしょう。


底辺にいるOLは先輩社員のストレス用サンドバックになりながら
毎日22時過ぎまで働き
それでも手取り18万円あるかないかで(交通費込み)生きています。


生きるって、こんなにも難しいこと?

ただ生きるだけじゃなく、
さらに「幸せに生きる」って、どう生きれば手に入れられるのですか??



[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-10-03 21:05 | かわいい女性になりましょう

連休最終日は、二度目ましてのちょう可愛い先輩ふたりと飲みにいってきました。

はじめましてのときは全然くだけた話はしなかったのに
ほんとうに縁ってあるのだなあというくらい、居心地のよい先輩方との時間は
たまらなくたのしかったです。

アラウンド30、いろいろあるよねっ。


かわいい先輩方(見た目も中身もほんとうにかわいい。美肌。ぷるぷる〜〜!)のおかげで
最年少、もっともっと自分磨きがんばろうって思いました。
見た目も、中身も。

あまり「自分磨き」ということばはすきではないのですが
(なんだろう、とても違和感をおぼえる。もやっと?)
もっともっと、魅力的な、あいたいなあって思ってもらえる女性になるために
もっともっと、お勉強をして、おでかけをして、どきどきしよう。


そう、この「自分磨き」には感情がない感じがするから得意じゃないんだ。
書いていてなんとなくわかってきたぞ。

どきどきして、きらっとして、めきめきして、
うんと、だれかに会いたくなる感じ。


余計わかんないって言われそう。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-16 20:21 | かわいい女性になりましょう

すこしだけやせた話


おべんとう半量生活が功を奏しているのか

はたまた、大量に飲んでいるコーヒーがいいのか

理由はさておき、すこし体重が減りました⭐︎


やーーーーーったっ

身長もこの年で伸び続けているので
あと3kgひとまず落とそう、がんばろう。


数字で見えるのは、やはりモチベーションが上がりますね。

元営業部事務職OLとしては、数字はそれほど嫌いではないし
むしろ、それだけで測ってはいけないけれど、それなりに測れるひとつの材料ではあるので
頼りにしている部分はあります。

ま、ここで数字(結果)が残せないからストレスも溜まるのだけれど。


たくさん汗をかいて
たくさんわらって
すきなひとにきれいになったねと言ってもらえるようにばんばります!


ばんばるってなんだ。。。ださ

[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-15 16:21 | かわいい女性になりましょう


ばっさり切ってきました!髪の毛!!

ずっと伸ばしていた(といっても適度に切っていたので常にぎりロングの長さだった)のは
「髪が長い方が女性らしい」という神話をずっと捨てられなくて
それがたとえ似合っていても、似合っていなくても、長い方がいいとおもっていたからで。
「長くて巻ける髪の毛=女性らしさ」をずーーーっと崩せずにいた。

だけど、昨日、例のモンスター写真をみつけて
その中にスーパーロング時代の写真があって、見事にまっっっっっったく似合っていなくて、
あれっ、わたしロングにこだわってきたけど似合ってないんじゃない??と
美容師さんに相談した上で、決断し、切ってまいりました。


身長的にはべつにロングでもOKとのこと。
ふだんからヒールを履いたスタイルが8割だから、バランス的には問題ないそうで。
ただ、ヒールを履かなければもすこし短い方がいいとのこと。

「長い方が女性らしい神話」は男性のなかにはやっぱりあるそうだけれど、似合うかどうかは別。

いちど、いままでをリセットする意味でもいいのかな、とおもって切ってもらい
帰って全身鏡で見たら、切った方がバランスは明らかによかった。

お化粧するときとか、上半身しか見ないじゃないですか。
だから大してバランスの悪さには気づいていなかったのだろうなー、と考察しました。


切ったらより若く見えるようになった、気がする。

すっごい若い男の子(たぶん20歳くらい)の男の子にナンパされたけれど、申し訳なさすぎて、
すっごいぺこぺこしながら立ち去ってきた。

ありがとう。ごめんね。
すっごい年上なんだ、君より、だいぶ。たぶん軽く引くくらい年上だよ。


おかげで飲みたい気分になったし、彼に会いたくなった。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-12 22:31 | かわいい女性になりましょう


お掃除というミッションをこなす上で
そこには魔が潜んでいることはわかっていた。

さくら は よそうをこえた モンスターに であった!!!


18〜22歳くらいまで、わりとしっかりしたジャニオタという人種で
おともだちから頂いた、当時いちばんすきだった人の顔写真の貼られたお手紙
(一人活動だったので、20歳くらいのときにそのようなお手紙交換がなされているとはじめて知った)
がそこに入っていることはわかっていた。

そろそろこれどうしようかな、捨てるのもみんなの気持ちが。。。


とためらっていたところ

みつけてしまった。モンスターを。


いまも若い子たちは、プリクラは撮るのでしょうか?

わたしがそれくらいの時は2次ブームで
(一時の角丸フレームのプリント倶楽部ももちろん知っている)
遊べばプリクラ、が定番だった。


だから、ジャニオタが集まってもプリクラはやっぱり撮るし
落書きはオタオタしい。

コンサート前後であれば、手作りうちわも一緒に写っているし
お洋服もいつもの三割り増しくらい白味がおおくて、ふりっとしている。
髪の毛もミディアムだったので、
トップだけの編み込みか、カチューシャが当たり前(もちろん大きめリボン付き)。


まあ、甘々しいことこの上ない。

真夏のお昼間に生クリームたっぷりのイチゴショートをたべるくらい、ずーーーんときた。


そんな胃もたれを解消するため、一旦ブログにいまの気持ちを書いて休憩。


ちょうど、盛り髪もすごく流行っていた時期だったし
正統派ロリもいまより多くて、
あの時期があったからいま世間一般に流れる、ジャニオタ痛い、な風潮がある気がする。
(年齢がいったのと、現場から離れたからそう思うだけ?)

Ageha系ギャルか、ふりっと系女子か、ぽっちゃりで8割を占め、
ほんとうにおしゃれで可愛い子、カジュアルおしゃれ女子なんて1割にも満たなかったはず。


じゃあ残りは?
服にお金はかけてられないわよ女子。


話は戻って、捨てる、捨てない問題。

もし結婚式をすると仮定して
もしVTRなんかをつくると仮定したら
わたしは写真の類がほぼほぼない。

このプリクラたちは結婚式用に残しておくことにした。


この新婦だいぶ痛くない?

の目が痛いことになるかな…………

写真なさすぎて寂しがられるよりいいか………
根暗で地味とおもわれたら
旦那さんに申し訳ないものね………


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-11 16:47 | かわいい女性になりましょう


おべんとう半量生活も、たぶん1ヶ月半くらいになりました。
代謝が落ちたのが明確で
これはまずい!とおもって、2段のおべんとうだったのを半分の1段に。

最初はもの足りないなあっておもったけれど
慣れは恐ろしいもので
いまでは、その量で満足できるようになりました。

胃、よくがんばったよ〜〜〜!!


ま、そんな胃さん、あまり強くないんですけどね。
いままでが食べすぎだったのかしら。


たまにたべたくなる袋麺も、半分でちょうど。

なので、あしたの朝食もきっと今日の残りをたべるのだろう。

………

朝から重くない??


一人の部屋より、二人の方がいいね。

ごはんもいっしょにたべられて
おふとんも分けあえる。

一口ちょうだい、ってケーキを食べさせてもらったり
別々のお酒を飲ませてもらうのもうれしい。


ただ、すきなひとは独占したい。わがままだー。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-08 21:04 | かわいい女性になりましょう

リング

最近、指輪をしなくなった。

とても気に入っている繊細な、ローズゴールドのリングは、かれこれもう3年か、4年くらい前に自分で買ったもの。
お手頃だったのに安っぽくなくて、色落ちもせず、傷つきもせず
とても気に入っていた指輪を、最近はしなくなってしまった。

ファッションとして、指先がきらっとしているのはきれいだし
(ネイルをしないので、余計に指輪はだいじだった)
所作が美しくなる気がして、好んで愛用していたけれど
なんだろう。
買った時の自分の状態が良くなかったのもあってなのか、どうもいいことがない。


先日、親とあそびに出かけたときに、たまたま入ったアクセサリー屋さんがとてもうつくしくて。
丁寧につくられたオーダーメイドの婚約指輪・結婚指輪は、派手じゃないのに、石だってついていないのに、
繊細な輝きを放って、とても神々しく見えた。美しかった。

贈りあう指輪、という感じがした。


もう、自分で指先を彩るアクセサリーを買うのはやめよう。
いまのわたしには、必要のないものだ。

決して「プレゼントしてほしい」わけではない。

ただ、確実に他の「贈られた指輪」をつけている女性と比べてしまうし
じゃらじゃら指輪をするタイプの女性でもないし
最近気づいたのは、おしゃれリングが似合うタイプの手ではないということ。

はい、かわいめ小さなお子ちゃまおててです。

[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-07 21:10 | かわいい女性になりましょう


下着、捨てました。
かわいい繊細なレースやリボンだけ切り取って、
のこりは全て、捨てました。

我ながら、堂々と潔い!!

で、あたらしく下着を買いました。
今までつけたことのない色。ネイビーと、うす紫色。


パーソナルカラーがサマーのわたしは
きっと、赤い下着も、ましてや黒い下着なんてぜったいに似合わないし
(エロの押し売り感)
(そこはかとないそそられなさ)
まあ、一言でいうなれば下品だよねってことで、この二色にしてみました。

うす紫色はここのところずーっと着たかった色で
おようふくもさまざま探し回ったけれど、ぜんぜん似合うものに出会えず
じゃあ下着にしたらいいじゃない、と落ち着きました。


なかなか似合いそうでよかったし、かわいいし
秋口からから着け始めようとおもいます。


いままでまるで興味のなかったうす紫色を着たくなったのは
間違いなく彼の影響。

たまに着る、赤みのうす紫色のワイシャツがすこぶる似合うんです♪

ペアルックなんてはずかしい、っておもっていたのに
ぜったいにしない、っておもっていたのに
どこかでリンクしているんだ、っておもってほしいのかな。

女子だね。




[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-08-07 17:55 | かわいい女性になりましょう