ブログトップ

ひとの弱さはひとのやさしさ

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

アラウンド30


わたしは25歳くらいまでは割と自分はなんでもできて
強くはないかもしれないけれど、弱くはないでしょ、というタイプの人間だった。

おっきな家具だってひとりで組み立てられたし(これは極端だけれど)
一人の夜もこわくなかったし
泣きたい夜は寝てしまえばいい、と思っていた。


だけど、そんなわたしにも変化は訪れた。
寂しいという感情を知って、わたしは変わった。


ただ、強がっているだけだと、
弱くなる時間もないほどに追い込まれていたことを知った。


それは、妹カップルが羨ましかったからかもしれない。
かわいい妹がこんなふうに笑い合うことのできる人に巡り会えたことが嬉しかったし
同時に、「所詮わたしは誰からも愛されたことがない」女としての魅力の乏しい人間、という虚しさに変わった。

その思いは、今も消えない。

わたしにはずっと好きな人がいたけれど、
それはいわゆる「エロス」の愛で、「アガペー」の愛ではなかった。
いつも、「愛されたい」と願い続けていた。

だけど、ふたりはお互いに「愛し合って」いた。
それが見て取れて、
その瞬間から、誰にも言えない寂しさに、虚しさに、不安に、襲われるようになった。
自分の弱さと脆さを知った瞬間だった。


今日はとても寂しい夜。
胃が強くないのに、少し食べすぎてしまったのも、自分を苦しめている原因。

心も弱ければ、体もどんどん弱ってく。
アラウンド30、恐ろしすぎる。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-31 23:15 | ひとの弱さはひとのやさしさ


毎日のようにブログを書いている私が言うのもなんだけれど
デジタルの文字の発達により、
アナログのコミュニケーションが下手になっていると、とても感じる。強く感じる。

あたらしい職場は、目の前にいてもインスタントメッセージでのやりとりが飛び交い
取引先ともメールでのやりとりが基本で
ちょっと特殊な働き方をしている私は、雇用元と顔を会わせることもほとんどない。


だから、すごくさびしい。


なんで目の前にいるのにインスタントメッセージ?

おっきな会社だから仕方ないのかもしれないけれど
味気ないし、伝わりにくいし、冷たい。
ひとりよくお電話をくださる方がいて、その方とはやはり、ちょっとずつではあるが、距離の縮まりは感じている。

話す、声を聞く、話し方を聞く、ニュアンスを知る
アナログって、やっぱりだいじ。


そんな日々の会社での寂しさに加え
今日は雇用元にとても腹が立っている。


「住民税は個人で支払う」という説明が一切なかった。
督促状が来て、初めて知った。

「給与明細見たらわかるでしょ」
「払込取扱票が届いたらわかるでしょ」
そのスタンスなのかもしれないけれど、せめて一言、入社時に説明があったっていい。


最近、そういうことが多すぎて、呆れるのと虚しくなるのと、
またか、って諦める気持ちにもなる。


結婚がゴールだなんて思ってない。
だけど、ぜったいに旦那さんを幸せにする自信があるし、自分も今以上に幸せになれるのは間違いない。

とりあえず、ひとと話す日常に変えよう。

自分で変えないと、どうしようもないんだ。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-31 22:08 | じっくりと見てみる


サッカー界だけでなく、さまざまなところで話題になっているワードですね。

わりとサッカーに近しいところにいる人間なのですが
別に、サポーターって、サッカーに、クラブに、自分の人生を乗せているわけではないと思うんですよね。
もちろん、そういう方もいらっしゃるかもしれませんが。
そして、「他人に自分の人生を乗せてますが?」と言い、煽りに乗るサポーターもいるのが事実ですが。

個人的な意見としては、ですが、サポーターって、
「人生を乗せる」というよりも
応援するクラブがあって、そのクラブの勝利を願ったり、
想いを声に、チャントに託したり、
スタジアムの一体感がすきだったり、
だれだって持っているであろう「応援したい」「支えたい」の気持ちの対象が
サッカーだった、そのクラブだった、そこに生き甲斐をみつけた、そんな感じなのだと思っています。


サッカーのスタジアム、そして応援って少し特殊で
たまに、ものすごい一体感がうまれて、その声援や一体感がチームの流れを変えることがあるんです。
選手になったことがないので、その声援に奮いたたせられるのかはどうかはわかりませんが、
少なくとも、スタジアムの雰囲気が、その試合の流れを変化させる。それは、見ている側からでも伝わってきます。

いつかの高校野球、たしか去年の夏の甲子園だったような気がしますが、その試合でも最初一部分で始まった応援が徐々にアルプススタンド全体に広まり、結果として逆転を生んだあの試合。
サッカーではしばしば見られる光景で、その試合に立ち会うと、正直鳥肌が立ちますし、ぐっと込み上げるものがあるのです。
そのような試合に立ち会うと、いままでおとなしく、じっくりと観戦する派だった方が、「あの場所に行きたい」「想いを声に託したい」と、
いわゆる「ゴール裏」に席を移すようになるのも、何度も、何人も見てきました。

あれは、体感しないとわからない。
とくにサッカーに興味がなくても、サッカーってすごい、声援ってすごい、応援するって、たのしい。
そんな簡素なことばではつたえられない、上手く言えないけれど、すごい。震える。


スポーツをテレビ、あるいはネット中継で見るだけではわからないかもしれないですね。
中継は切り取られたものが映し出されたものであって、試合ではないので。
そのまま流しているだけではない、放送側の意図が含まれた、切り取られたもの。

たのしいのにな、スポーツ観戦。
自分の目で見て、おもって、体感して。

ただ、あんな冷たいことばで、ひとを蔑むようなことばを使う方には来て欲しくないなっておもう自分もいて。
頑張る選手を、スタッフを、ファン・サポーターをバカにされるのは非常に腹立たしいです。



[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-30 23:09 | いろどり豊かな日々を

取り急ぎ、お礼まで。


前職の同僚には、退職したあともとても良くしていただいている。


在職中はなかなかプライベートなお話しはできず

勤めて3年後くらい?偶然にも研修で、お互いに、周りには内緒にしながらかなりコアなサッカーファンであることを知ったことから急激に仲良くなり

退職した後は、よくスタジアムで会う間柄になった。

他の同僚も含めて飲みにも行ったり、奇しくも、在職中より、職場を離れたあとのほうが、ずっと仲を深められている。


そんな先輩に、とあることをお願いしてみたところ

このたび、その願いが叶うことに!


ありがたすぎる。。。


手元に届くのはもうすこし先だけれど、

今日しか渡せる日はなさそうなので、ささやかながらのお礼を調達。

自画自賛。

我ながらとてもいいお礼を見つけられた!



お礼やちょっとしたプレゼント、難しいですよね。


相手に気を遣わせない程度の金額と量で、

おっ!と思ってもらえるものであればベスト◎

今回はそれを適えられたと確信できる。



最後に、一筆を添えること。これはサクラ家のマナー。

物だけで渡すことはNG

たった一言でも、メッセージを必ず添える。


可憐な一筆箋を持つ女性になれて、親に感謝。

書くことがすきなのは、こんな習慣の影響なのかなー。



[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-29 21:42 | かわいい女性になりましょう


ちゃんと、電話かけました!!

これは、わたしの成長記録でもあるので、
ちゃんと、記録に残しておく。


話せはしなかったけれど、話せなかったからこそ、
わかったことがある。
たぶん、今回の目的は「電話をして話す」ことではなく、「声が聞きたい」と伝えることだったのだ、と。

これは、すごい成長だとおもう。

しない後悔より、する後悔、とよくいわれるのが、とてもよくわかった。
いま、充足感でいっぱい。
この先どう転んでもいい、そう思えた。


決して依存しいではない。

だけどこういうときに生真面目な自分が出てしまって
すきなひとはひとりじゃなきゃ、とか、
二人以上のおとこのひとと仲良くしちゃいけないとか、まあとても律儀というかなんというか
一人に絞らなきゃ、っていうのが強くあったけれど

ま、いいんじゃない??って、軽くなった。


彼が会いたいと言ってくれて、タイミングが合えば会うし、
自分からも、今までよりは気軽に、甘えられそうなきがする。

「ちょっと甘えたくなっちゃって」

なんて無敵な言葉だろう。
一度口に出すことで、なんだかちょっぴりかわいくなれた気がした。
すなおになれた気がした。

これからはもっと甘えよう。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-28 22:45 | かわいい女性になりましょう


今月からピルを服用しはじめた。

これからの経過をみるためにも、ここに月一で記していこうと思う。
自分のためでもあるし
これからピルをはじめようと思っているひと
おなじくピル初心者のひと
などなど、誰かの役に立てばいいなと思い、記しておく。


ピルの服用を始めた最大の理由は、単純明快。
さくら家はデキ婚絶対NGな家庭だから。これがすべて。

もういい歳なんだし、デキ婚も仕方ないよっていう家庭もちらほらあるかもしれない。
だけど、さくら家はいまのところ、絶対NG。
とくにおばあちゃんが絶対に許さない。

おばあちゃんがそんな考えだと知っているので、裏切り、悲しませるようなことはしたくない。
よって、デキ婚は絶対にしたくない。できない。しないと決めている。
(もはやこれが強迫観念に近いということも自覚している)


もちろん、ピル以外の避妊方法だってあるけれど
ピルの避妊率の高さで得られるのは、
「望まない妊娠をしない」という具体的なものだけではない。

こころの不安軽減させられる、というメリット。


この歳になっても生理不順で、いわゆる「危険日」がふらふらしているし
いわゆる安全日であったとしても、いたした後、次の生理が来るのが少しでも遅れると
第一の理由のため、非常に不安で、心配で、ストレスフルだった。

本当に来なかったらどうしよう、その気持ちで毎日押しつぶされそうでたまらなかった。

結局、来た後は「ああ、またPMSがひどかったんだな」で落ち着くけれど
(PMSもすこぶるひどく、長い。だいぶ落ち込むし、つらい。これもピルをはじめた理由)
毎月毎月こんなに悩むのは精神的な負担が非常に大きいため
避妊率が限りなく100に近い、ピルの服用を決めた。


さて、そのような理由でピルを飲み始めて約1ヶ月。
初めてしかないので、不安しかなかった。結局。

そんな1ヶ月目のデータを残しておく。


●服用薬
・マーベロン(28錠タイプ)
●服用時間
・23時(開始当初は24時だったが、副作用のため1時間前倒しにした)
●副作用
・吐き気
 約10日目まで、服用後3・4時間後〜9時間(最悪12時間弱)
 睡眠が阻害されるほどの吐き気に襲われた。
・むくみ
 むくみやすい体質ではあったが、よくむくんだ。
 腕までむくんだ。これは休薬期間に細くなった腕を見て判明した。
・体重増加
 あった。1.5kg程度増加。
 食欲は増していない。飲み物はよく飲んだ。
・肌つや
 むくみもあってか、ハリのあるお肌になった。ぷりっとした。
●生理など
・PSM:ほぼなし。あったとして1〜2日程度。
・開始日:休薬期間3日目にうっすら鮮血
・血液量:ほぼ変化なし。すこし減ったかな?程度。
・生理痛:ほぼなし。すこし下腹部が重い程度。


以上。またなにか追記があれば、足していくつもり。
いちばんひどかったのは吐き気。寝られなかった。。。
服用し始めは24時に服用していたけれど、勤務時間中も吐き気がひどく耐えられなかったため、時間を変えた。

また、太ったーーーー腕ぽちゃぽちゃになったーーーーと非常に落ち込んでいたが
休薬期間に腕が異様に細くなり(見違えるほどちがう)、むくんでいたことを知った。

7日間の休薬期間を経て、また服用が始まるが
吐き気リターンズになるのかと思うと怖い。。。体もう慣れてくれていたら良いのだけれど。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-27 23:45 | じっくりと見てみる

「声が聞きたい」
そんなフレーズにとてもふさわしいメンタルになった1日でした。


ほんとうに自然に、声が聞きたくなったの、って言えるくらい
どうしようもなく、
うまくいえないけれど、とにかく、そんなかんじ。

だから、そんなもやっとしたメンタルな反面
よしっ、と浮かれる自分に元気をもらったりして。

軽いジャブで連打され続けた就業を終え
(↑これがいちばんふさわしい表現だと気づいた)
さて、半日間のメッセージを確認。


もうお気づきでしょう、
たぶん1週間くらい来なかった彼から、メッセージが届いていました。


こんなにタイミングが絶妙なひとは、彼しか知らない。

いつも、もういいかな、引き際なのかなっておもうタイミングで連絡が入るし
そろそろ会いたい気持ちが抑えられない、ってときに、会おう、ってなる。

まるで、わたしのことなんて全てお見通し、ってくらいに絶妙。


西野カナちゃんの「会いたくて震える」
「なにそれw」とまったく共感しなかった、話題になっていたあの頃。

ごめんなさい。

その気持ち、よくわかります。


つくづく、なにごとにおいても、すこし、だいぶ??波に乗るのが遅いわたし。

西野カナちゃんブームも今だし
(超西野カナ世代なのに)
小島よしおのおっぱっぴーもすごくおもしろいし
(もう今なら懐かしの一発芸ポジ)
世界のナベアツさんの3でバカになるネタはお腹を抱えて笑っちゃう。
(三度さん、を選んだあたりもセンスを感じてだいすきな芸人さん)


だから、なにごともタイミングが大事なんだって。


今日は勇気を出せそうです。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-27 21:34 | かわいい女性になりましょう

たしか、そのサービスが始まった当初は
<オシャレに写真を加工できるアプリ>
としてのポジションだったように記憶しているInstagram。

それが、すっかりと写真を媒体とするSNSの王様的なポジションになり
その切り替わりっていつだったのかなー
なんでこんなに毛色がかわったのかなーと、
instagramから一時期離れていたわたしは不思議で仕方ない。


そして、もうひとつ不思議で仕方がないことがある。

虫眼鏡マークに触れると出てくる写真たち。


イイネと♡を押した記憶もないし
ハッシュタグ検索も、単語での検索もしたこともないし
だけど自分のカメラロールに保存されているものに似た写真が出てくる。なにこの超常現象。

そして最近びっくりしたのは、
(とてもさわやかでかわいく)ハグしたりちゅーしたりした写真が出てくることが異様に多い。

えっ、これはどんなカップル写真集ですか?
ってくらい、幸せそうなカップルの可愛い写真で溢れている。

もちろん、はたまた、ざんねんなことに?
カメラロールにそんな写真は1枚もない。
恋人と撮った写真は過去に1枚だけだし、そんな写真は数年前、とっくに消去した。


なぜ・・・


たしかに今、20数年生きてきた中ではじめて、
くっついていたい人がいて
くっつかれることが苦じゃなくて
離れると寂しいと思う人ができた。

だけどそのことを、まだ誰にも話していない。
ここにしか書いていない。
そして、このパソコンでインスタは見ない・・・。


頭の中にスパイがいるのかしら。

ハグ、ちゅーで溢れる脳内。
まるで男子高校生。

(結局、今夜も連絡はしませんでした。
まるで男子中学生。)


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-27 00:30 | いろどり豊かな日々を

さて。
ちゃんと23時30分にメッセージを送れるように
すでに入浴を済ませました。

寝る前にすることでできていないことは
歯磨きくらい。

用意周到すぎか。

書き出しをどんな言葉にするのかも何パターンも考え
もうジャブなしの即入電でもいいかなと思って見たものの
何コールで切るかとかを考えたらどうも行き詰まってしまったので
まずはメッセージを送ることにした。

気ぃ遣いすぎか。


それいけGO!もできるけれど
基本は、最終的にどうしたいかを考えて行動に移すトップダウン派なわたし。
だから用意周到で、余計に臆病になりがち。

頭の中では、一日中会話をしていた気分。

実際は
業務時間内を含めても、今日の総会話時間数は1時間未満。

極端すぎか。


[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-26 23:08 | しなやかに、したたかに

今日はやめた。
きっとタイミングがちがう。

甘えさせて、って言ったら
彼は、じゃあ今から来たらいい、って言う人。

今日は行くことができない。
明日、行くことができるのならまだ良いけれど
明日も行くことができない。


そう、体調的に。
行く、イコールそういうこと、だから。

だから、今日は言うべきじゃない。


そういうところも小賢しいんだよなー。
計算高いというか、素直じゃない。

気持ちの赴くままに、
会いたい寂しい甘えたいということができれば
どんなにラクなのだろう。


恋人ではないのだから
別に嫌われてもいいやー、になったらいいのにね。
恋人になりたいか、と聞かれても即答できないしね。

しかも。
できないから会いたいと言わない、という時点でお察し。今の関係を否定していないということ。
恋人でもいいし、ちがっていてもいい、単に彼を失いたくないということ。

ずるいな。
そしてなんて動物的。


こんな自分になるなんて、思ってなかった。

すべてが、タイミング。

[PR]
by bluebasesakurairo | 2017-07-25 23:52 | しなやかに、したたかに